七五三はどうしてお祝いするの?七五三の意味とは

七五三の意味や由来とは?

七五三は室町時代に始まったと言われています。当時は、3~4歳くらいまでに亡くなる確率が高く、無事に大きくなったことに対する神様への感謝や成長の節目を祝い、長寿を祈るために、江戸時代には武家社会を中心にお祝いが行われました。3歳は髪の毛をのばし始める髪置という意味があり、男女ともにお祝いします。5歳は男の子が袴を着る袴着、7歳は女の子が帯を使って着物を着るようになる帯解と呼ばれており、それぞれ男の子のみ、女の子のみがお祝いします。7歳までは病気やけがなどの危険が伴う可能性が高く、発育の過程で成長を喜び、健康を願って行われた行事です。

どうして11月15日に参拝するの?

徳川綱吉は子供の頃体が弱く、父家光が11月15日に健康を祈ったところ、その後順調に育ちました。それにあやかろうとして広まったと言われています。11月15日に都合が合わない方もいるので、9月から10月の大安の週末に参拝するご家族が多くなっています。11月15日を過ぎたもっと涼しい時期に、混雑を避けてゆっくりとお参りをする方もいます。

どこにお参りに行くといいの?

住んでいるところの近所の神社にお参りに行くのがしきたりでしたが、近年では大きくて有名な神社やお宮参りをした神社に参拝する方が増えています。七五三のご祈祷をお願いする方は、神社に予約をしておく必要があります。人気のある神社は大変込み合いますので、希望日の三か月前くらいに電話で予約を入れます。祈祷料(初穂料)の準備がありますので、祈祷料の金額についても聞いておくとよいでしょう。

七五三のレストランは、その時期に集中するのであらかじめ予約する事が大事です。それにより、並んだり待ったりする必要がなくなります、また、ケーキに名前を書いてくれたり等のサービスを受ける事もあります。