外壁を植物でいっぱいに!エコでお洒落な壁面緑化を楽しもう!

地球に優しい壁面緑化

建物の外壁を植物で緑化することを「壁面緑化」と言いますが、これには多くのメリットがあります。まず一つに、「緑地に必要な土地が必要ない」という点です。人工物が密集している都心部などは余っている土地がありません。そんな時、構造物の壁を利用する壁面緑化なら土地の問題は簡単に解決できますね。無味貫通な風景に植物の緑が入ることで、人々に潤いと安らぎを与えてくれる視覚効果もあります。また、直射日光が建物に当たらなくなるので構造物の温度上昇が抑えられ、結果エアコンなどの節電へとつながります。そして、植物の蒸散作用によって周囲の温度上昇を抑える働きがあり、問題視されているヒートアイランド現象にも効果があります。このように地球温暖化の緩和にもつながる壁面緑化は、ビルなどの構造物のみならず一般住宅へも普及が広がっています。

お家でできる壁面緑化

大がかりな壁面緑化なら専門業者に施工を依頼したほうが良いですが、自宅の限られたスペースを緑化する程度であればDIYでももちろん可能です。施工にはツタ類の植物を使うのが一般的ですね。ゴーヤやヘチマ、キュウリ、ミニトマトなどは収穫する楽しみも出来て一石二鳥ですね。また、アサガオなども丈夫で育てやすく人気が高いですよ。多年草のヘデラも壁面緑化に良く使われていますね。これらツタ類の植物を、緑化したい壁面に這わせていくだけで良いのです。直接壁に這わせることももちろん可能ですが、根が壁面内部にまで入り込むこともあるためネットなどに這わせたほうが良いでしょう。また、管理を怠ると枯れたり、害虫が大量に発生したりと周囲に不快な影響を及ぼしてしまうので、しっかりとメンテナンスしてあげましょう。

壁面緑化を効率よく進めることで、余分なエネルギーの消費を抑えることが期待できるため、大手企業を中心に導入が進められています。