お洒落のためだけではありません犬に合った洋服選び

犬に洋服は必要なの?

犬用の服がポピュラーになる以前には、犬に服を着せている人を見て虐待だと陰口を言っている人もいました。その当時は現在のように室内で犬を飼っている人も少なく、服を着せる意味を理解していない方が多かったように思います。日本とは気候の異なる国が原産の犬種は、冷暖房器具や洋服の助けなしには、日本の季節の移り変わりに対応出来ないものもいます。短毛や殆ど毛が生えない犬種にとって、冬は寒さを凌ぐために、夏はアスファルトの照り返しや日焼けを避けるため、感染症を媒介する虫の被害を防ぐためなど、犬用の服はさまざまな役割を果たしているのです。小型犬だけでなく大型犬や毛のふさふさと生えた犬種でさえも、洋服を着ることによるメリットがいろいろあります。

ちょうど良いサイズの服選び

しかしいざ犬用の服を買おうとした時に、ちょうど良いサイズが見つからず失敗したという経験をした方は、少なくないと思います。それは、自宅で愛犬のサイズをきちんと測定出来ていないことが理由にあるかも知れません。特にダックスフントなどは胴の長さが他の犬種とは違うため、専用の服を購入する必要があります。一般的には、犬の胴回り、首からしっぽまでの長さを目安に購入することになりますが、その他にも女の子か男の子か、排泄時に生地が邪魔にならないか、また、リードを服の上から装着するか、リードを付けてから服を着せるスタイルを選ぶかにより、様々です。製造している会社によっても足を通す穴の位置に違いがあるので、愛犬のサイズにあった服を持参して比べたり、お店によっては試着用のサンプルが用意されていることもあります。裁縫上手な飼い主さんなら、自作されているという方も多くいらっしゃいます。

犬の洋服はオリジナルで作成してくれるお店もあり、サイズぴったりに作ってもらえるので犬の負担も少ないです。